blog

実践的理念経営のための処方箋

良い会社つくりは不断の努力

ある世界的企業では日頃から人材開発とチームワークつくりの努力を欠かしません。 人材開発をやろうとするとどうしても日常業務へ支障が出る、忙しいといった現場の声が優先してなかなか前に進まない会社が多いのですが、やはりここはトップの決断が必要です。 
giron2.jpg
目の前のことだけやっていればよいというのではジリ貧になってしまいます。 短期業績と長期の人材育成は双方ともに企業の重要な仕事であります。人は放っておけば育つとか、OJTオンリーというのではなく、意図して高度な人材を育てる覚悟が必要です。経営者は自分の在任期間中の数字だけを意識せず、将来の社長がさまざまな手を打てるような自由度の増大も考えてほしいものです。
integ3.jpg
トップと社員がオープンに話し合う場面です。 相互理解が進み、より良い組織へ進化していきます。
さて良い会社研究所は 法人化し「株式会社 ポラリスナビゲーション」としてさらに人材開発、チームワーク開発などに引き続き注力していきます。 皆様の会社の不動の軸である地軸の先にある北極星(ポラリス)を共に見つけ変革を進める相談相手として今後ともよろしくお願いいたします。 HPは現在制作中ですのでしばらくお待ちください。